FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コロッケ

2015/04/11 Sat



これまで全然感じなかったんだけど


母親の声って   潜在意識のフィールドに


ぐんぐん入ってくるんだなと   


母と話していて   気がついた


潜在意識に達するまで


いくつもの意識の層の壁があるのに


母親の声は   まるでモーゼのように


勝手に道が開かれて


いきなり自分の部屋の中に   


バンバンボールを投げ入れられたり


ゴミだったりを   放り込まれる感じ





それに気がついたのは   3/20の


皆既日食の後で


3/20の日食は   血の結界の終了のお知らせ




『輪るピングドラム』で   3/20に焦点を合わせて


疑似家族の物語が   明らかになっていくのも


その物語が   オウムの事件をベースにしていて


オウムの集団で   娘のアーチャリーが   


実権を握っていて


オウムの核にあるのが   家族の物語なのも


その少し前から   いろんな人の   


家族の因縁が見えてきたのも


2015年の   3月20日の印が


血の結界を   血の独占を


解いてしまうから







潜在意識に届くまでに   意識の層が何重にも


フィルターをかけていて


知らない人や   関係ない人は


フィルター上でブロックされて   あまり記憶に残らない


潜在意識には   すべてが記録されるから


残ってはいるんだけれども  


特別な声の持ち主以外は


それで動かされることは   ほとんどない





声の記憶は   親密度に比例している


身近な人ほど   記憶に残る


身近な人ほど   深く入る


ただマスメディアのような   集合意識に向けて放送される


有名人や芸能人の声は


親しくなくても   集合意識から


潜在意識に入ってくる






母親の声が   あんなにもダイレクトに


潜在意識に   ぼんぼん入って来るなら


ちょっとした声のトーンで


子供の意識を操るなんて   朝飯前だと想った


まるでピアノを弾くように


ピアノの弦が   鍵盤で叩かれるように


子供はオートマチックに   動き出して


母親の想いを   体現する   


ピアノの演奏曲に   さまざまな曲調があるように


子供の人生の調べは   母親が弾く


曲次第   プログラム次第のような気がする






血の繋がりのせいかと想ったら


父親の声は   上滑りする


そんなにダイレクトに入って来ない


遠慮がちに   意識の層のドアを


一つ一つノックしながら   扉を開けて入ってくる感じ


土足でズカズカと入られる   母親の声とは違う





試に母親の弟   叔父の声を想いだしてみたら


驚いたことに   父親の声よりも


意識の深い層に   入って来るのだ


母親ほどではないけれど


母親にかなり近い層まで   降りてくる感じ


どういうことだろうと想って


母の妹の声を想像してみたら


これがまた同じように   父親よりも声が


深い所まで降りてくる   響いてくる





今度は父の兄弟の声を   想いだしてみた


やっぱり父と同じように


意識上で   フィルターがかかる


父とあまり変わらない






親密度や   心の距離のせいかもしれないけど


それなら父よりも   叔母や叔父の声が響くのは


おかしいような


確かに叔父や叔母は   父よりは年下で   


親しみやすかったけれど


今度は私の兄弟の声を   想いだしてみたら


やっぱり叔父や叔母の声の方が


深い所まで響いている


祖母とも同居してたので   その声を想いだしてみたけど   


叔父や叔母には   敵わなかった





そして叔母の息子や娘


つまり私の従兄弟の声を   想いだしてみたら


なぜかそっちの方が   私の兄弟よりも


深い所で私の意識に   波立つものがある






なんとなくだけど   これが母系の正体じゃないかと想う


血のコードは結局   情報も運も


母方の血筋の   子孫の方へ流れている?


母が家族に   子供たちに尽くせば尽くすほど


どんどん母方に流れている


いっそ無関心な方が   どれだけマシだろうか






皇室が   母親の違う子供を   


継承者に入れるのも


父系の伝統の中で   特定の母系へと


横流しするのを防ぐ   苦肉の策かもしれない


美智子さまの家系   雅子様の家系の運は   


きっと今   隆盛を極めているだろうけど


秋篠宮家に   血統がチェンジすれば


我が世の春は   やがてキャンセルされる


うまくできている







私の弟はなぜか   母の弟   叔父のことが苦手で


父とは仲が悪いのに   父の兄弟である


伯父たちには心を開いている


自分の体質は父よりも   伯父に似ている気がする


そんなことまで言うくらい


確かに弟の骨や   DNAは   父方そのもので


母方の流れではない






そして私はしばらく前から   薄々と気づいていたんだけど


子供たちの中で   母は自分の家系の骨の子供に   


運を流している


現実的には   父の骨の子供を持ち上げて   


優先しているようにみえるけど


それによって   自分と同じ骨の方に


ごっそりと引き抜いていて


それに呼応するかのように


叔父や叔母は   母の子供の中でも


自分たちと同じ骨をした子しか   誉めなくて


逆に父方の   伯父や伯母も


自分たちと同じ骨をした子の方に   関心があった







母の家は貧しかったので   兄妹愛が強くて


経済的に困らない生活をしていたのは   母だけで


叔父も叔母も   ずっと苦労の連続だった


だから母は無意識に   流していたのかもしれない


実際経済的な援助もしていて


子供時代の私は   あんまり家におもちゃがなくて


母は子供たちに   お金を渡そうとしなかった


それは妹の家を   助けていたからかもしれなく


自分の子供たちの喜びを   抑圧しながら


一方で叔母の家には   溢れるほどの娯楽があって


従兄弟たちは勉強もせず   わがまま放題で


そんな従兄弟たちを   母は決して悪く言わず


いぶかしく想ったのを覚えている


そして私たちの家族の運と   母の兄妹の家の運は


見事にシーソーしている







弟が無意識に   母方の親戚を避けているのは


運の流れを   体感しているからかもしれなく


実は私も   幼いころから


とてもよくしてもらっていたのに


大人になるにつれて   叔父を避けるようになったり


母と不仲の時は   叔母の家を避けていた





生涯独身の叔父は   私が大学生の頃


冗談で   老後の面倒を見て欲しいと


ニコニコしながら   若い盛りの姪に言うもんだから


私はゾッとしたのを覚えている





私は無邪気だったから   父方の独身の伯父にも


小さいときからかわいがられたんだけど


その伯父は結婚してから   娘を溺愛している


私が叔父の冗談に笑えなかったのは


私が生まれた時から知っている   叔父の声が   


母の娘である私の   コントロールできない意識の層に   


母と同じくらい   深い印を付けて   


引っ張ってしまうからかもしれない







しばらく前に   叔父が夢に出て来た


私がたくさん作ったコロッケを   一つ上げようとしたら   


食べないと拒否して   はたいた


コロッケは転げ落ちて   潰れて中身が出てしまった


叔父は私に対して   怒っていた







夢を見た後   叔父がガンになったのを知った


母は気落ちして   沈んだままだけど


私は驚くほど   なんとも想わなかった


私は母との会話の中で


気が付いたら   私が叔父の世話をするから


自分から   言い出していた











関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

水晶

Author:水晶

夢の記憶が教えてくれる

古代と現代をつなぐ地球のミステリー

最新記事
記事追加
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月齢
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。